古紙回収 無料で出す方法

近年では、新聞や雑誌、雑がみと呼ばれる包装紙や紙箱といった古紙を資源ごみとして出すことが推奨されています。職場などで大量に古紙が出るのであれば、回収業者を利用することで回収日を待たずに廃棄出来ます。特に、事業所など書類を良く扱う仕事関連の場所では機密書類はシュレッダーにかけることが多いのです。しかし、感熱紙など通常のコピー用紙以外のものもシュレッダーに掛けられている場合もあるため、資源ごみとして受け付けてくれない業者もあります。前もって、どのようなものが受付可能か、きちんと確認しておきましょう。

自分で回収業者に持ち込むと古紙回収 無料になるところがほとんどです。また、量が多いなどの理由で取りに来て貰う場合でも、古紙回収 無料で対応してくれる業者もあります。

気をつけなければいけないのは、写真のようなコーティングされたゴミや汚れている古紙、テープやシールなどが張ってあるものは、リサイクルする際の機械に影響が出るため、回収していないことが多く、事前に事業所で分別しておく必要があります。雑がみは、袋に入れるか紐でまとめるようにして、決してガムテープでまとめてはいけないというのが一般的なルールです。